head_img
 

topics

夏休みが終わりました。今年は10月になっても暑い日が続いておりますが、皆さまお身体ご自愛くださいね。
---------------------------------------------------------------
■今後のお稽古日について・・・

・令和元年10月18日(金)10:00~12:00 一宮丹陽出張所2階

・令和元年11月5日(火)10:00~12:00 一宮丹陽出張所2階

----------------------------------------------------------------
■2019年1月 ホームページをリニューアルしました。(併せてホームページのURLも変更になっています)




「着付なでしこ」は一宮市の着付入門・市民サークルです。

自分で着物が着られるよ うに なり たい・・・そんなことを思ったことはありませんか?


着物や着付けに興味を持 たれた方と出会えますことは、 私ども「きもの着装師」にとりまして大変に嬉しいことです。
着付けとは着物の着装という限られた枠ではなく、日頃から「和」や 「心」も会得すべきであると思っています。

一般的に着付け・着物は、敷居の高いものと思われがちですが、それでも「身近なものにしてみたい」「自分で着られるようになってみたい」 と 思っている 方は沢山おられると思います。

そこで「着付なでしこ」は、そのような皆さまにとっての案内役となることができれば、と考えています。
着付けは身近で楽しいもの・・と思っていただける方が一人でも増えていただければ嬉しいです。



point11

一宮市の市民サークルです。
「着付なでしこ」は 一宮市のママさん市民サークルで平成23年11月から活動しています。具体的には、初心者の方々を対象とした自装着付け教室です。

point22

講師は現役着装師4人組
20年以上も着付け教室に通い、現在は「きもの着装師」としても活動して いるママさん4人組みが、 「少しでも多くの方々に着物の楽しさを知って欲しい!」という想いのママさんサークルです。

point11

楽しい環境でイベントもあり
この「着付なでしこ」は、着物や着付けに関心がありながらも 敷居が高いと躊躇されている方々が 気楽に気軽に足を運べる着付け大好き空間を作りたいと思って立ち上げた 趣味のサークルなのです。



「着付なでしこ」は、着物が好きな方であれば参加OKです。

member 基本的には初心者の方々を対象にしたサークルです。 つまり着物が好きな方であれば参加資格はそれだけで十分なのです。

さあ、お喋りが大好きな講師と一緒に楽しくお稽古いたしましょう。

(着付なでしこのお笑い講師4人組:左からエツ・コノ・ハツ・エリ)


参加申込み方法と費用について


■ 参加申込 :「着付なでしこ」サークルは事前の申し込みが不要ですが、当日下記のものをご準備のうえ直接お越しください。

現在「着付なでしこ」は、予約なしの当日参加型で活動しています。 それ は、 「急 な予定でキャンセルするかもしれないから」という理由だけでせっかくの参加の機会を逃してほしくないからなのです。突然の参加には不安や不明 な点がある方は、お気軽にお問合せくださいね。


■参加費用 : 1回(2時 間)1,000 円・・・当日会場でお支払いくださ い。

「着 付なでしこ」は営利目的活動が禁止されている市民サークルですから参加費以外の費用 は不要です。安心してお越しください。



■お持ち物  :着物、名古屋帯、足袋、裾よけ・肌襦袢(ワンピースでも構いません)、タオル4枚~5枚、紐5本、長襦袢、伊達締め、帯 揚げ、帯締め、帯板、襟カラー、枕

・不明な点はお気軽にお問合せください。若干ですがレンタル品も準 備し ています。


お稽古日時とアクセス

■ お稽古日時 : 毎月 第 一火曜10:00~12:00 第三金曜10:00~12:00 

※上記月2回を基本としていますが変 更となることがありますので、必ずホームぺジでお稽古日を事前に確認のうえご参加ください。



■ お稽古場所 :  一宮市丹陽出張所 (2階 和室)  一宮市三ツ井3丁目2-37(無料駐車場あり)

※ 国道22号線を南に向かい「三ツ井」の交差点 (右手前角「ガスト」さん、右向角 「ローソン」さん)を 右折100m右手



お問い合わせはコチラ

■お問合せ は、・・・

細江悦子 (090-2341-7481)または 藤井このみ (090-6581-5905)まで。

<お願い>

電話に出られないことが多い ので、ショート メール(電話番号メール)にて送信いただけると助かります。

折り返し早めのお返事をさせ ていただきますので、ご協力をお願いいたします。

(送 信例):「着付なでしこ宛   問合わせ xxxについて。〇〇 〇〇子」


 

ページトップに戻る